インターネットカフェ難民

就職難に悩んでいるのは、就職活動中の学生ばかりではありません。
ここ数年続いているリストラの影響で中年の男性が増えています。

リストラに合った人たちは、まだ働けないことはないので家族のため収入のために働きたいと思っていますが、なかなか見つけにくいのが現実です。

そのために、ハローワークに頼る人とインターネットで転職・就職サイトを見つけては応募していく人といるでしょう。
そのために、インターネットカフェに一日留まって過ごしている人もいます。

それは、リストラに合った中年男性ばかりではなく、若いフリーターの方や、大学まで行っているのに就職できなかった人などもたくさんインターネットカフェにいます。
しかし、インターネットカフェは値段が安く、飲食などもあるために、ずっと居座ってしまう人もいます。

インターネットカフェの店員もこの状況を仕方がないと認識していますが、ずっとパソコンと向い合せになっているために、直接コミュニケーションを取る機会がなくなっていくためになおさら就職難となり、挫折しやすくなってきます。

インターネットで探す人たちもいっぱいいますが、実際は足を運んで直接お店と面接をして仕事をさがしていくくらいの覚悟がないと難しいかもしれません。
起業という発想が無いのも選択肢を狭めている原因です。

貯金を計画的にしていれば、少額で起業できる道はたくさんあるのです。
やはり小さい時から、金融と仕事について、勉強しなければならないですね。

»