ビジネス枕詞

会社でのコミュニケーションを円滑にするうえで欠かせないのが「ビジネス枕詞」です。
ビジネス枕詞とは、ビジネスシーンで本題の前に置いて口調を柔らかくする言葉の事です。

これを自在に使いこなすことができれば成功するでしょう。

例えば「おかげさまで」ですが、これを使うことによって協調性を重んじる姿勢を表すことができます。

続いて「大変申し上げにくいのですが」です。
相手に断りをいれるような切り出しにくい否定の内容の時も、オブラートに包み緩和します。
角が立ってしまうような状況でのダイレクトな表現は日本では抵抗感を持たれることが多いです。

これ以外にもたくさんあります。
ビジネス枕詞は口調を柔らかくし、緊張感を解く効果があります。

しかし、使いすぎは逆効果になる場合があるので、程度を考えうまく使ってコミュニケーションをとっていきたいものです。
ただ、テクニックに拘り過ぎて、逆に本心が見えないようであれば、警戒されます。

結局は、商談は人間性に大きく左右されるわけです。
いくら条件が良くても、その人の態度や気配り、そして立ち居振る舞いなど、マナーの教科書通りでは無く、いかに自社にメリットをもたらしてくれるかが重要なのです。

契約したら、後は知らぬ存ぜぬでは、契約した方はどんなに良い条件だったとしても、継続契約の雰囲気はありません。
そこでまた勘違い営業マンが、接待尽くしに夜討ち朝駆けといった訳の分からない行動に走るのでしょう。

社会人として
就業管理や勤怠管理ソフトからシステムへ
総務系や人事系のシステムはランニングコスト不要の買取型の導入でコストパフォーマンスアップ
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«
»