企業のひと工夫が雇用拡大を可能に

仕事を掛け持ちすることで生計を立てる人がいます。
単純に、正規雇用しか経験のない人から見れば、2つも仕事して大変だねと思われることが多いです。

しかし、掛け持ちで本当に大変なのは実は体力的な問題よりも、上手く就業時間の折り合いをつけることの方だったりします。
都市部では、いくらでも時間の折り合いがつけられるように、仕事の幅があるのかもしれませんが掛け持ちをする人やいわゆるフリーターがいるのは、都市部だけはありません。

地方にだってたくさんいることでしょう。
地方でのパートアルバイトの求人内容は、選択肢が少なすぎて掛け持ちしたい時に障害が発生しやすいのです。

例えば日勤のパート時間は夕方4時や5時までが一般的で、夜勤のアルバイト時間は夕方4時や5時から開始のパターンが一般的で多く、これだと移動時間が無いのですが、地方では勤務時間の相談や融通をきかせてもらうことがなかなか難しいため、上手く仕事に就くことができません。

雇用者のみなさん、大変なのは誰でも一緒です。
少しの意識改善で雇用を大幅に拡大できるかもしれないことを、考えてみて欲しいと思います。

人材が他県に流出しているという事情があるのなら、外注または在宅勤務のSOHOを有効活用すると良いです。
思わぬ人材が発掘出来ることもあります。
しかも労働コストは固定報酬でなくて成果報酬ならば売上と連動なので、心配のタネにはなりません。

成果報酬でやる気を見せる人の方が、確実に仕事をしてくれます。
クラウドサービスでプロジェクトの管理も出来ますしね。

卸業者の精肉
食肉卸業界トップを走る精肉の品質
常なトップクラスでありたい品質レベルで安心と安全も一緒に納品しています
meat-kimura.co.jp/

«
»